【相互リンクヘッドライン】 Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
--/--/-- --:--スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゆるゆり」歳納京子役・大坪由佳が高校を卒業 クラーク記念国際高校の最優秀生徒賞を受賞!

1 :木久蔵φφ ★:2012/03/11(日) 12:34:13.73 ID:???
【行事】 感動! 「三浦校長エベレスト登頂記念賞」の栄誉に輝く!

jlkfl.jpg


卒業式中には、卒業生の3年間に対する各種の表彰も行われます。
学業や学校生活が優秀な生徒たち、ボランティアなどの多大な貢献をした生徒たち。
そのほかクラスやキャンパスの代表たる優秀な生徒たちが次々と表彰されるなか、
クラークにとって最大の賞である「三浦校長エベレスト登頂記念賞」が授与されました。
これはクラークの理念である「夢・挑戦・達成」を成し遂げた全国クラーク生のなかで1名が選ばれます。
もちろん該当者なしの年もある厳しいもの。

そのなかで選ばれたのが大坪さん。
声優コースでの活躍だけでなく、テレビアニメでのデビューを果たすなど、まさに夢を実現!
クラーク最高の栄誉に輝きました!
これからの活躍をご期待ください。


NEWS&TOPICS|秋葉原ITキャンパス|単位制・通信制高校のクラーク記念国際高等学校
http://www.clark.ed.jp/it/news.php#20032

※ちなみに「三浦校長エベレスト登頂記念賞」とは、校長がプロスキーヤーで、
エベレスト登頂最年長記録保持者として知られる三浦雄一郎だから。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

たてかべ和也さん、幸運を味方に胃がん克服

1 :つゆだくラーメンφ ★:2012/03/10(土) 02:42:34.36 ID:???
■後輩らのサポートに感謝

 国民的アニメ「ドラえもん」のジャイアン役を26年間担当した声優、たてかべ和也さんは約2年前、スキルス性の胃がんを患い、胃を全摘した。
「末期の手前」と言われるほど進行していたが、後輩らの支えといくつもの幸運を味方に付け、気落ちしすぎることなく乗り越えた。(文・豊田真由美)

 平成21年5月、胃の調子がおかしいと思い始めたんです。まず、おなかが空かない。食欲がなくなってきた。
胃もたれみたいな感じがして、おなかが出てくる。かかりつけの病院で診てもらったら、都内の大学病院に紹介状を書いてくれました。

 大学病院で検査したら、スキルス性の胃がんでした。ステージ4だから相当進行していた。
抗がん剤治療の後、胃の摘出手術をすることになりました。でも、僕は勉強が嫌いだから先生の説明を聞いていないんです。いつも後輩たちが代わりに聞いてくれた。

 秋から抗がん剤治療を始めたら、副作用が苦しいんだ。一番大変だったのは貧血。
1人暮らしだから、うちにいると台所へ行くにも隣の部屋で寝るにも「よっこらしょ」と休み休み。
四つんばいでトイレに行ったこともある。あと、爪が真っ黒になってはがれたり、鼻血が出たりした。

 先生は手術をしたがっていたけど、僕は手術の日程について自分勝手にスケジュールを言った。
その年は11月まで「ヤッターマン」のレギュラーがあったから、「11月まで待ってくれないか」と頼んだ。
12月は毎年、「ドラえもん」の制作会社の忘年会で司会をしているから、「忘年会で忙しいので待ってください」。
翌年1月には入院したけど、成人の日に日大の同期生の集まりがあるんで、手術はその後にしてもらった。

 手術後は2カ月間、別の病院でリハビリをしました。「闘病」という意識はなかったですね。
快適な環境だったし、みんなが見舞いに来てくれた。若い子たちが代わる代わる来てサポートしてくれて、本当にありがたかった。退院したくなかったですよ。

僕は一人っ子だから、「1人でいたい」というわがままと、「誰かといたい」という寂しさが行ったり来たりするんです。
病院でも同じ。誰もいなくなると寂しくなっちゃうし、自問自答することが多くなるの。
ところが、ありがたいことに見舞いに来てくれる連中が多いから“自問他答”になる。
独りぼっちになるのも大事だし、誰かが来てくれるのも大事。これは一番大事なことだと思いますよ。

 「ドラえもん」の登場人物の中では、僕はのび太に近い。勉強しない。一人っ子。くよくよ考えるけど、考え過ぎず気分を転換していく。
楽天家なんて、実はそういないと思いますよ。だけど、自分で(楽天的に)思っていかなきゃしようがないじゃない。

 例えば、今つえをついているけど、なかなかいいもんだね。みんなが心配してくれる。
道でよけてくれたり、電車に乗ってたら「どうぞ」って席を譲ってくれたりする。物事を悪い方へ考えず、「こういうもんか」と受け入れるということだね。

 人に恵まれたこと以外にも、運が良かったことがたくさんある。後からテレビを見て知ったんだけど、手術をしてくれた先生は日本有数の名医だった。
それなのに手術の日取りでわがままを言ったから、先生に謝りに行きましたよ。
それに、具合が悪くなる2カ月前の3月、がん保険を解約するつもりだったんだけど、解約するのを忘れてたの。これもラッキーだった。

 ずいぶん仕事もしたし、僕は結構満足してるんですよ。「こんな俺でもここまでこれたんだ」ってね。
今は不景気で(番組の)制作費が少なくなったから、声優界は大変なんです。
だから、面倒をみてくれた後輩たちに仕事ができたらうれしいし、幸せになってもらいたいと思います。

 【プロフィル】たてかべ和也(たてかべ・かずや) 昭和9年、北海道生まれ。17年、家族と東京に転居。
日大芸術学部卒業後、劇団に誘われ、洋画の吹き替えなどの仕事を始める。アニメ「ドラえもん」のジャイアンの声は平成17年まで26年間務めた。
「ヤッターマン」のトンズラー役、「ど根性ガエル」のゴリライモ役などのアニメの声優でも知られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120309-00000103-san-soci

20120309-00000103-san-000-3-view.jpg

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。